<< 2010年12月24日付プレスリリース(抜粋) | main | 本事件の時系列表 >>

2010年12月24日付国家公安委員長への申入書

0
    2010年12月24日
    国家公安委員長 岡崎トミ子 殿
     
    申入書―公安「テロ」情報流出につき一層の対応を求める

            公安「テロ」情報流出被害者一同及び同被害弁護団

    本日付の報道は、警視庁が同庁公安部外事三課からの情報流出について、重い腰を上げて事実関係の一部を認め、被害者に対して謝罪を行ったと伝えている。

    情報流出の事実を率直に認めて謝罪することは、問題解決の大前提であり、我々もこれまで何度も強く求めてきたところである。情報流出からおよそ二カ月も経過した対応は、遅きに失したと言わざるを得ない。

    かかる対応の遅れと無責任さによって拡大した損害を一刻も早く回復するため、政府・国家公安委員会は、警察庁及び警視庁を指揮・監督し、被害者に対し下記の適切かつ十分な救済措置を直ちになすべきである。




    一.  身辺保護の徹底

    二.  適切な在留資格の付与等の国際関係における庇護

    三.  名誉毀損にあたる記載についての謝罪と訂正・削除及び名誉回復

    四.  責任ある被害相談窓口の設置及び発生した損害についての賠償

    五.  情報流出の実行行為者の特定及び摘発・処罰及び再発防止

    六.  ネット上に流出した情報の削除、拡散防止措置

    七.  イスラム教徒全体をテロ予備軍として捜査対象にする方針の撤回

    八.  入管法違反等を口実とした別件逮捕を用いた違法・不当捜査の是正

                               以  上

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM