<< 国家賠償請求:訴状(3/3) | main | 出版等禁止仮処分:東京高裁抗告審決定要旨 >>

『流出「公安テロ情報」全データ』に対する出版禁止等仮処分について 〜東京高裁も出版等禁止命令を維持〜

0
    2011年6月1日

    関係各位

    『流出「公安テロ情報」全データ』に対する出版禁止等仮処分について
    〜東京高裁も出版等禁止命令を維持〜

    公安テロ情報流出被害弁護団
    弁護士    梓澤和幸、上柳敏郎、西岡弘之、岩井信、
    山本志都、盒怯Φ、河健一郎、
    福田健治、井桁大介、小松圭介

     昨日(5月31日)、東京高等裁判所第11民事部(岡久幸治裁判長)は、株式会社第三書館が出版した『流出「公安テロ情報」全データ』〔初版〕について、東京地方裁判所が2010年11月29日に発した出版禁止等仮処分命令に関する抗告審において、抗告を棄却し、出版差止めを命じた原決定を支持する旨の決定を行いました。
     これで、同書籍については、東京地裁・東京高裁の計6つの決定において、いずれも出版差止が認められたことになります。
     なお、警視庁による公安テロ情報流出事件の被害者は、同書籍の初版・第二版について、出版差止め及び損害賠償を求める本訴を東京地方裁判所に提訴したほか、5月16日には、国・東京都に対し、ムスリムに対する違法捜査及び情報流出の責任を追及する国家賠償請求訴訟を提起しています。

    【本件書籍の概要】
     上記書籍は、株式会社第三書館が、2010年10月末に発生した警視庁公安部外事第三課からの国際テロ捜査に関する流出文書を、ほぼそのまま掲載して出版したもの。11月25日に初版が出版され、同月29日には被害者からの申立てにより東京地方裁判所が出版禁止等仮処分命令を発令。第三書館は、12月25日、個人情報をほぼ全面的に削除した第三版を出版している。

    【本件に関する問い合わせ先】
    東京都千代田区神田神保町2-3-1岩波書店アネックス7階 東京駿河台法律事務所
        Tel: 03-3234-9133 / Fax: 03-3234-9134
        弁護士 河健一郎
        弁護士 福田 健治

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM