<< 今後の裁判日程 | main | シンポジウム開催告知「加速する監視社会と市民的自由」 >>

「公安テロ情報流出事件」質問主意書回答について

0
     2011年7月1日
    報道機関および関係者の皆様
                                
    「公安テロ情報流出事件」質問主意書回答について

    公安テロ情報流出被害弁護団(団長:梓澤和幸)
                    弁護士 梓澤和幸、上柳敏郎、西岡弘之、難波満、
    岩井信、山本志都、盒怯Φ、河健一郎、
    福田健治、井桁大介、小松圭介

    発表事項

    ○    公安テロ情報流出事件に関し、照屋寛徳衆議院議員が内閣に提出していた質問主意書に対して、本日付で回答があった(別紙)

    ○    回答内容は、流出した資料が警察のものであったのかどうか、また、114点の資料について個別に警察のものかどうか確認する趣旨の質問等を行ったのに対し、「個別に明らかにするのは適当でない」との理由で回答を差し控えるなどとなっており、ほぼ「ゼロ回答」に近いものであった。

    ○    国民の代表者として国政調査権を行使した質問に対して、「個別に明らかにするのは適当でない」との理由をもって実質的な回答を拒否するというのでは、立法府は公安警察活動に対して一切の監視・監督を行うことができないことになる。このこと自体が、公安警察活動が民主的統制に服さない活動であることの証左と言える。

    ○    また、「被害者らに対し、警察庁としての謝罪は行ったのか」との質問に対し、「警察において、個人情報が掲出された者で連絡することが可能なものに対し、諸事情を勘案しつつ、個別に面会するなどして必要な措置を確認するなどしているところである」と回答しているが、弁護団の把握する限りにおいて、被害者に対して直接謝罪した例はなく、「必要な措置を確認」した例もない。

    ○    回答は全般に、質問に正面から答えず、情報流出や信教の自由侵害について責任を逃れようとするものであり、このような被害者に対する不誠実な態度は、情報流出発生以降一貫した政府の態度であると言わざるを得ない。弁護団としては、既に東京地方裁判所に提起した国家賠償請求訴訟の場において、引き続き司法の判断を求めていくものである。

    (本件に関しての今後の情報提供)

    弁護団のウェブサイト
    弁護団のツイッターアカウント   

    (本件に関してのお問い合わせ先)

    東京都千代田区神田神保町2-3-1岩波書店アネックス7階
                東京駿河台法律事務所
                Tel: 03-3234-9133 / Fax: 03-3234-9134
         弁護士 河健一郎
         弁護士 福田 健治


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM